リトグリの洋楽カバーがカッコいい!本物のアーティストの風格

リトグリの全編英語詞「Catch Me If You Can」がカッコいい!

記事タイトルで洋楽カバーがカッコいいと言っているのにいきなりリトグリのオリジナル曲を持ってきてしまったのですが、全編英語詞の曲なので許してくださいww

リトグリの2ndアルバム「Joyful Monster」に収録されているこの
「Catch Me If You Can」という曲

全編英語詞でとにかくメロディーがカッコいいのです。

初めてこの曲を聴いた時は、海外のアーティストのカバーかなと思ったほど、洋楽っぽいテイストになっています。

英語はあまり詳しくないので、細かい部分はわかりませんが、比較的わかりやすい英単語や英文を使っている印象があるので、同年代の学生たちにも歌詞の内容が伝わりやすいのではないでしょうか。

リトグリのかれんの父親は元Jリーガーの古賀琢磨さんで、現役引退後シンガポールのサッカー監督をしていた経緯で、かれんも海外に住んでいた経験があるようで、そういった意味でも英語の発音が上手なのかもしれませんね。

今後リトグリが海外で活躍するためには必須の曲といえるのではないでしょうか。

リトグリには他にも英語が比較的得意な芹奈とmanakaがいるのも心強いですよね。

リトグリの洋楽曲を織り交ぜたアカペラメドレーが凄い!

いやー、この曲は何回リピートして聴いたことでしょうww

本当にレベルの高いアカペラで、邦楽曲をうまく融合しながら進んでいくアレンジ。そしてかれんがリードボーカルで魅せるマイケルジャクソンの「thriller」。そして終盤にはアサヒがリードに切り替わり次々に曲が入れ替わる素晴らしいアレンジ。

邦楽曲が織り交ぜてあるのでアサヒの綺麗な声がとても映えますよね

ちなみに曲順は
Fantasy (Earth,Wind&Fire )
Happy (Pharrell Williams)
sun (星野源)
Treasure (Bruno Mars)
Uptown Funk(Bruno Mars)
Thriller (Michael Jackson)

という感じです。

個人的にはやはりかれんのマイケルジャクソンがカッコよすぎて痺れますww

もはや説明不要!リトグリのレベルの高さがわかる洋楽カバー!

ミュージカルの名曲「SEASONS OF LOVE」
ビートルズの「HEY JUDE」

この動画も何百回も聴きましたww

ビートルズの「HEY JUDE」も良いのですが、個人的には「SEASONS OF LOVE」がめちゃくちゃ好きですね。

終盤のmanakaのヘッドヴォイスの高音は圧巻です

思ったんですけど、リトグリのメンバーでミュージカルとかやってみるのもめっちゃ面白そうですよね。

あくまで希望ですけどww

リトグリは世界を視野に入れたグループなので、こういった洋楽カバー曲や全編英語詞の楽曲を今後どんどん発表していってもらいたいと思います。